自由に色々なことを試行錯誤してアクセスアップを目指すサイト

初心者にもわかりやすく。ワードプレスやSEO対策、アクセスアップなどの検証、試行錯誤したブログ運営のネタをまとめてます。

WordPressでURLをリダイレクトする方法は「Redirection」を使うととても簡単

wp-p
アフィリエイトにおいて、どうしてもリンク先のURLが別サイトだとクリックをされないなんてことが多いと思います。

そんな時に便利な方法は目的のURLに自動でリダイレクトさせる方法です。

 

lineリダイレクトとは

リダイレクトとは、転送という意味です。

アクセスしたページから別のページに転送をさせる機能のことをリダイレクトと呼びます。
固定ページなどを作り、そのページにアクセスした場合、
自動で広告ペーシにリダイレクトさせることで、URLを事前に知られることなく広告先に誘導することができます。

そこで役に立つのが「Redirection」(リディレクション)というプラグインです。

このプラグインを使うことで、とても簡単にリダイレクトをさせることができます。

 

lineRedirectionの導入

まずはプラグイン「Redirection」を検索してインストールしましょう。

インストール方法についてはこちらの記事「いまさら聞けないプラグインのインストール仕方」を参照してください。

 

lineリダイレクトを行う方法

まず、リダイレクトをさせるためにアクセスするページを作成します。

たとえば、紹介したいアイテムの名前の固定ページなどを作ります。
001

そのまま公開されてしまうと面倒なので、公開設定を「非公開」にして「OK」をクリックしてから「公開」をクリックします。
002

続いて「短縮URLを取得」をクリックして、表示された短縮URLをメモしておきます。
003

次に、メニューの「ツール」にある「リディレクション」をクリックします。
004

このような画面が表示されますので
005
「ソースURL」には先ほどのメモしたURLを入力
「ターゲットURL」にはリダイレクトさせたい広告のURlなどを入力します。

入力か終わったら「新しい転送ルールを追加」をクリックします。

このように転送ルールが追加されます。
006

ただ、このままでは転送タイプが「301」になっててるのであまりよろしくありません。
なので、「302」に変更する必要があります。

line転送タイプについて

「301リダイレクト」とはブログのURLの移転などに有効なタイプです。
恒久的なリダイレクトで、このリダイレクトを使うと、ユーザーだけでなく検索エンジンにもページの移転として伝わってしまいます。

しかも、ページランク目減りするとか言われているので広告へのリダイレクトには向いていません。

「302リダイレクト」とは一時的な移動を意味していて、ページランクなどにも影響しません。

line転送タイプの設定

転送タイプを変更する場合には、変更したい転送ルールにマウスカーソルを持っていくと表示される「Edit」をクリックします。
007

「HTTPコード」のメニューをクリックして、「302-Found」を選択したら「保存」をくりっまします。

これで設定は完了です。

あとは、広告のリンクURLを貼る時に、先ほど作成したページのアドレスを入力すればいいだけです。

こんな風になりました⇒デビル クロノスコープ

 

line追記:転送ルールでエラーになる場合の対処方法

転送ルールを追加したさいに「転送ルールを作成する際に無効なグループが指定されました」というメッセージでエラーになる場合があります。
現在のプラグインにはこのような項目が追加されています。
2016102601
転送ルールを追加する際には、このグループを指定しないといけないのですが、きっと先ほどのエラーが出る場合はこのグループの欄が空欄になっているはずです。
転送ルールを追加するにはこのグループを作成してあげる必要があります。
それは設定ページの上の方にあるこの項目。
2016102602
「グループ」をクリックするとこのように追加する欄があるので、ここに追加してあげましよう。
すると転送ルールでグループを指定できるようになります。
意外とここに気づかなかったという人が多いようなので参考までに。


 - WordPress情報 , , ,

        



follow us in feedly

Comment

  1. みるきい より:

    やってみたのですが、

    『転送ルールを作成する際に無効なグループが指定されました』
    と表示されて、リダイレクトが設定できません。

    なんでですかね・・・
    多分、ターゲットURLの下のところの、グループってタブが空欄になっているせいなのでしょうけど、、、
    どうすれば空欄じゃなくなるかが分からないです。。。

    • purin より:

      最近のバージョンにはそんな項目が追加されていのですね。
      どうやらそこでつまづく報告が多いようですので、記事に追記しておきました。

      お試しください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

FacebookとWordPressを連携させる「Jetpack」の設置方法

前回までTwitterとの連携、Pingサイトやランキングサイトの登録をしたわけ …

iPhoneアプリのアフィリエイトを見栄え良くするWordPressプラグイン

これまで、Amazonのアフィリエイトが簡単かつ見栄えが良くなるWordPres …

いまさら聞けないプラグインのインストールの仕方

ワードプレスを使っていると何度も利用することになるプラグインのインストール。 説 …

文字位置を変更したい

ワードプレスで記事を書いていると、特定の場所だけ文字の位置を右とか左にしたいな。 …

WordPress Popular Postsの導入方法

ブログに訪問者がよく見るページを表示したり、そこに閲覧数やコメント数を表示したい …

WordPressとGoogle+を連携する方法

WordPressの記事をGoole+にも連携して投稿をしたいと考える人はいると …

ワードプレスのアドレスを変更する方法

ロリポップとか、最近のレンタルサーバ会社では、ワードプレスなどの人気ブログツール …

ワードプレスとTwitterを連携する「WP to Twitter」の設置の方法

ブログのアクセスアップにはTwitterなどで記事の公開や更新をツイートするのは …

画像の横に文字を入力する方法

アメブロといった無料ブログには、画像の横に文字を入力とかはボタン一つで簡単にでき …

WardPressプラグイン「WP Rakuten Link」の導入方法

楽天アフィリエイトをやっていると、記事に楽天の商品広告を掲載することがあると思い …