自由に色々なことを試行錯誤してアクセスアップを目指すサイト

初心者にもわかりやすく。ワードプレスやSEO対策、アクセスアップなどの検証、試行錯誤したブログ運営のネタをまとめてます。

ワードプレスとTwitterを連携する「WP to Twitter」の設置の方法

wp-p
ブログのアクセスアップにはTwitterなどで記事の公開や更新をツイートするのは効果的です。

でも、さすがに毎回その度に文章を書いてツイートするのは面倒。

そんな時に有効なのが、自動でワードプレスの記事の公開や更新をツイートしてくれるプラグインです。
おすすめなプラグインが{WP to Twitter」です。

でも、この手のプラグインは色々と設定が面倒だったりします。
ですので、ここではその設置の方法を書きたいと思います。

lineWP to Twitterプラグインをインストール

まずはプラグインをWPにインストールしないと始まらないので、「プラグインのインストール」ページの検索ボックスに「WP to Twitter」と入力して検索します。
wptotw001

プラグインが表示されるたら「いますぐインストール」をクリックしてインストールします。
wptotw002

インストールが完了したら、プラグインを有効化します。
wptotw003

これでインストールは完了です。
でも、ここからが本番です。

プラグインを使うためにはTwitterアプリケーションを登録しないといけません。

ここからはその手順を解説しますので、順番どおりに進めてもらえば簡単に登録できると思います。

lineTwitterアプリケーションの登録

まずは管理画面の「設定」メニューにある「WP to Twitter」をクリックします。
wptotw00

「WP to Twitter設定」画面が表示されたら、「Twitterアプリケーションの塘路君ページ」をクリックします。
wptotw01

すると「Access denied」と表示されます。
wptotw004
※Twitterにログイン済の場合は「Create an application」画面が表示されます。

右上の「Sign in」をクリックするとTwitterのログイン画面が表示されます。
wptotw005
ツイートに使いたいtwitterのアカウントにログインして下さい。

「Create an application」画面が表示されます。
wptotw006
「Name」
作成するアプリケーションの名前を入力します。
プリンブログのアプリなどでいいでしょう。
「Description」
アプリケーションの説明を入力します。
プリンのWPプログとTwitterの連携アプリなどでいいでしょう。
※「Name」には「Twitter」という文字は使用してはいけないので注意しましょう。

「Website」と「Callback URL」にはワードプレスブログのURLを入力します。
※日本語アドレスは「Punycode変換」をして、アルファベット表記に変換してから入力して下さい。
wptotw007
※他のサイト用の画像なので一部消しました。

入力が完了したら、画面下へスクロールすると、利用規約が表示されますので、ひと通り読んで同意できれば、「Yes,I agree」にチェックをして、「Create your Twitter application」をクリックします。
wptotw008

これでひとまずアプリケーションは完成です。
wptotw009

line連携の設定をする

まずは「Application Type」の設定をします。
「Permissions」タブをクリックします。
wptotw010

「Access」の項目がありますので、「Read only」から「Read and Writh」に変更して「Update settings」をクリックします。
wptotw011

続いて、「Keys and Access Tokens」タブをクリックします。
wptotw012

「Access Level」が「Read and Write」になっているのを確認したら、後々必要になってくる「Consumer key」と「consumer secret」をメモを控えておきます。
wptotw013

続いて、下にスクロールして「Your Access Token」にある「Create my access token」をクリックします。
wptotw014

すると、Access Tokenが作成されますので、「Access Token」と「Access Token Secret」のメモを控えておきます。
wptotw015

以上の4つの値をメモしたら、このページでの準備は完了です。

「WP to Twitter設定」の画面に戻り、メモした4つの値をそれぞれの項目に入力します。
入力が終わったら「Twitterと連携」をクリックします。
wptotw02

次のように表示されていれば、Twitterとの連携は無事完了です。
wptotw03
表示されない場合はメモが間違っているかもしれないので確認しましょう。

lineツイートの設定をする

次は記事の投稿や更新をした時にツイートするように設定をします。

まずは再び「WP to Twitter」をクリックします。
wptotw00

下にスクロールすると「Status Update Template」という項目があります。
ここの設定をすることで、どんな時にツイートをするのか、どのような文章でツイートするのかを設定することができます。
wptotw04

デフォルトでは記事を投稿した時と、記事を更新した時にツイートするようになっています。

「New post:」というメッセージのあとに「#title#」のところには記事のタイトル、「#url#」に記事のURLが表示されます。

新しく投稿した時にツイートしたい場合は「Update when a 投稿 is published」にチェック
更新した時にツイートしたい場合は「Update when a 投稿 is edited」にチェックをします。

記事をツイートしたくない場合はチェックを外してください。

たとえばこんな風に変更してみるといいでしょう。
wptotw05

※ちなみに「#tags#」と入力すれば、投稿に設定したタグが一緒に表示されます。
詳細設定で細かな設定もできます。

そして「固定ページ」では新しく固定ページを投稿した時や更新時にツイート、
「Links」ではフログロールにリンクを追加した時にツイートする設定が出来ます。

そして設定が完了したら「Save WP to Twitter Options」をクリックして設定を反映させます。
wptotw06

実際に記事を新しく公開して、ちゃんとツイートできるか確認してみましょう。
次のような記事を書いて公開してみます。
wptotw07

するとTwitterアカウントに次のようにツイートがされました。
wptotw08

ここで注意しないといけないのは、URLに日本語が含まれていると、URLが途中で切れてしまい、リンク先がおかしくなってしまう場合があります。
そして投稿画面にも
wptotw09
「The query to the URL shortener API failed, and your URL was not shrunk. The full post URL was attached to your Tweet. Check with your URL shortening provider to see if there are any known issues.」
とエラーメッセージが表示されてしまいます。

これを防ぐには記事のハーマリンクに日本語が含まれないように設定をするか、URLの短縮設定をしないといけません。

line短縮URLの設定

通常では長いURLはTwitter上で自動的に短縮化されるので問題はありませんが、日本語が含まれている場合はプラグイン上で短縮設定をしないといけません。

まずは「URLを短縮しない」というところをクリックします。
するとドロップダウンメニューの中にURLの短縮に使用するサービスが表示されるので、どれか一つを選択します。
wptotw10

特にこだわりがないなら「Goo.gl」などを選択すれば問題ありません。
選択をしたら「Save WP to Options」をクリックして設定を反映させます。
wptotw11
※選択によっては別途でアカウントの設定をしないといけない場合があります。
他のものを選択するか以下のような画面が表示されますので、指示にしたがって設定をして下さい。
wptotw14

これでURLが短縮され、正しいリンク先に移動できるようになりました。

色々と試して自分好みに設定をしてみてはいかがでしょうか?


 - WordPress情報 , , ,

        



follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

WordPressとGoogle+を連携する方法

WordPressの記事をGoole+にも連携して投稿をしたいと考える人はいると …

FacebookとWordPressを連携させる「Jetpack」の設置方法

前回までTwitterとの連携、Pingサイトやランキングサイトの登録をしたわけ …

iPhoneアプリのアフィリエイトを見栄え良くするWordPressプラグイン

これまで、Amazonのアフィリエイトが簡単かつ見栄えが良くなるWordPres …

WardPressプラグイン「AmazonJS」の導入方法

よく、無料フログではアマゾンや楽天なんかの広告をボタンひとつで設定できますよね。 …

WordPress Popular Postsの導入方法

ブログに訪問者がよく見るページを表示したり、そこに閲覧数やコメント数を表示したい …

ワードプレスのアドレスを変更する方法

ロリポップとか、最近のレンタルサーバ会社では、ワードプレスなどの人気ブログツール …

WardPressプラグイン「WP Rakuten Link」の導入方法

楽天アフィリエイトをやっていると、記事に楽天の商品広告を掲載することがあると思い …

いまさら聞けないプラグインのインストールの仕方

ワードプレスを使っていると何度も利用することになるプラグインのインストール。 説 …

文字位置を変更したい

ワードプレスで記事を書いていると、特定の場所だけ文字の位置を右とか左にしたいな。 …

画像の横に文字を入力する方法

アメブロといった無料ブログには、画像の横に文字を入力とかはボタン一つで簡単にでき …