自由に色々なことを試行錯誤してアクセスアップを目指すサイト

初心者にもわかりやすく。ワードプレスやSEO対策、アクセスアップなどの検証、試行錯誤したブログ運営のネタをまとめてます。

WardPressプラグイン「AmazonJS」の導入方法

amazon
よく、無料フログではアマゾンや楽天なんかの広告をボタンひとつで設定できますよね。

あのアマゾンのボタンは残念ながらワードプレスの投稿ページにはありません。
でも、あったらとても便利ですよね。

それを可能にするのが「AmazonJS」というプラグインです。

当然、Amazonアソシエイトの商品を宣伝するにも、できれば見栄えも良くしたいと考えますよね。

デフォルトだとこんな感じになりますが


どうもレイアウト的にも見た目的にもいまいち感は否めませんよね。

でも、この「AmazonJS」で設定さえしてあげれば、とても見栄えが良くなります。
しかもそれがボタンひとつで。

こんな感じになりました。
[amazonjs asin=”4847040341″ locale=”JP” title=”石原さとみ写真集 二十歳、夏”]

まったく印象が変わったと思います。
これだけでも、購入率が全然違うのではないでしょうか?

lineAmazonJSについて

AmazonJSはワードプレスの投稿ページにアマゾンの広告挿入ボタンを追加することができます。
ボタンひとつで商品検索と記事内への設置が簡単にできるだけでなく、表示までカスタマイズできます。

line AmazonJSの設定方法

まずは「AmazonJS」をインストールします。
※プラグインの方法は「いまさら聞けないプラグインのインストールの仕方」を参照。

プラグインをインストールしたら、すぐに有効にしてはいけません。
プラグインの画面にこのようなエラーが出てしまいます。
amj01
設定が終るまでは無効のままにしておきましょう。

Amazonjsフォルダの作成

FTPソフトを使って、ワードプレスのインストールされているフォルダ内にある「/wp-content」内に「cache」フォルダを作成します。

そして「/wp-content/cache」内に「amazonjs」フォルダを作成します。
※すでに「cache」フォルダがある場合は、そこに作成します。
amj02
フォルダを作成したら、属性を「777」に設定します。
amj03
これでエラーがでなくなりますので、有効にしてもOKです。

Amazon.comのアカウントを取得

現在使用している日本(amazon.co.jp)のアカウントではなく、「amazon.com」のアカウントを取得します。

プラグインの画面の「ここ」のリンクをクリックします。
amj04
すると「Product Advertising API」に移動できます。
amj05
「アカウント作成」をクリックします。

するとログイン画面になりますので、「メールアドレス」を入力して、「I am a returning customer,and my password is:」にチェックします。
amj06
そして「Sign in」をクリックすると、アカウント作成画面になります。
amj07
「アカウント名」「メールアドレス」「パスワード」を設定したら、「create account」をクリックします。

するとアカウント情報の入力画面になります。
最低でも以下の場所に入力をしないと登録ができません。
amj08
※1 ZIP or Postal Codeには郵便番号を入力します。
※2 Weosite or Application Descriptionにはプラグインの名前でも入れておきましょう。

amj09
最後に同意にチェックを入れ、表示されているコードを入力して「Complete Registration」をクリックします。

するとこの画面になります。
amj10
「Manege Your Account」をクリックします。

先ほど設定したアカウントでサインインします。
amj11
アカウントサービスページに移動しますので、「こちらのリンク」をクリックします。
amj12
するとこちらの画面が表示されます。
amj13
アクセス証明書を発行したいので「Continue to Security Credentials」をクリックします。

こちらのメニューが表示されます。
amj14
「Access Keys」をクリックすると詳細が表示されます。
amj15
「create New Access Key」をクリックします。

続いてこちらの画面が表示されるので「Show Access Key」をクリックします。
amj16
「アクセスキーID」「シークレットアクセスキー」が表示されますので、これを控えておきます。
amj17

そうしたら、プラグインの画面に戻り、さきほどの「アクセスキーID」「シークレットアクセスキー」を入力します。
amj18
続いて、日本のAmazonアソシエイトで「アソシエイトID」を確認して、
amj19
「Amazon.co.jp」に入力します。
amj20

以上で設定は完了です。

line投稿の方法

投稿画面に[a]マークができているはずです。
amj21
この[a]をクリックするとアマゾンの商品検索画面が表示されます。
amj22
いつも通りに商品を検索して、「選択」をクリックします。

amj23
画像のサイズや色々な設定ができますが「デフォルト」が一番良いと思います。

最後に「挿入」をクリックします。

[amazonjs asin=”B00N09Z33W” locale=”JP” title=”石原さとみ カレンダー 2015年”]

このように表示されます。
ちなみに石原さとみなのは個人的な好みですのでお気になさらずにw

これでとても簡単にAmazonアソシエイトを利用できるようになりました。

以上で「AmazonJP」の解説は終わりです。


 - WordPress情報 , , ,

        



follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ワードプレスのアドレスを変更する方法

ロリポップとか、最近のレンタルサーバ会社では、ワードプレスなどの人気ブログツール …

いまさら聞けないプラグインのインストールの仕方

ワードプレスを使っていると何度も利用することになるプラグインのインストール。 説 …

iPhoneアプリのアフィリエイトを見栄え良くするWordPressプラグイン

これまで、Amazonのアフィリエイトが簡単かつ見栄えが良くなるWordPres …

文字位置を変更したい

ワードプレスで記事を書いていると、特定の場所だけ文字の位置を右とか左にしたいな。 …

ワードプレスとTwitterを連携する「WP to Twitter」の設置の方法

ブログのアクセスアップにはTwitterなどで記事の公開や更新をツイートするのは …

FacebookとWordPressを連携させる「Jetpack」の設置方法

前回までTwitterとの連携、Pingサイトやランキングサイトの登録をしたわけ …

WardPressプラグイン「WP Rakuten Link」の導入方法

楽天アフィリエイトをやっていると、記事に楽天の商品広告を掲載することがあると思い …

画像の横に文字を入力する方法

アメブロといった無料ブログには、画像の横に文字を入力とかはボタン一つで簡単にでき …

WordPress Popular Postsの導入方法

ブログに訪問者がよく見るページを表示したり、そこに閲覧数やコメント数を表示したい …

WordPressでURLをリダイレクトする方法は「Redirection」を使うととても簡単

アフィリエイトにおいて、どうしてもリンク先のURLが別サイトだとクリックをされな …